LINEオープンチャット始めました

副業するならUber Eatsの配達員がおすすめ!【バイトより稼げます】

Uber Eats配達パートナー

レストランから料理を受け取って、自転車・原付バイクでお客さんの家まで配達する副業、Uber Eats

Uber Eatsの配達パートナーは自分の好きな時に働ける上、かなり稼げる副業として副業プレイヤーの間で流行っています。

目安としては時給1000円~2000円くらい

はやじん

今回はUber Eats配達パートナーの仕事内容、実際にいくら稼げるかについて解説していきます。

Uber Eats配達パートナーの仕事内容・魅力

Uber Eatsとは自転車・原付バイクに乗ってレストラン等の料理をお客さんの家まで配達するサービスです。

レストランから家まで料理を配達する人は配達パートナーと言って、18歳以上なら誰でもなることが出来ます。

また、配達に使うバッグもUber側から支給されるので、スマホと自転車・原付バイクさえあれば誰でも配達パートナーを始めることが可能ですよ!

配達パートナーの仕事内容

Uber Eats配達パートナーの仕事内容は単純で、レストラン等の料理をお客さんの間まで配達するだけとなっています。

具体的な流れはこんな感じです。

配達パートナーの仕事内容

  • Uber Eatsのアプリに配達依頼が来る
  • レストランまで料理を受け取りに行く
  • お客さんの家まで料理を届ける

Uber Driverという専用アプリから配達依頼がきたら、レストランから料理を受け取って配達するという流れです。

後から解説しますがUber Eatsにはクエストというものがあり、配送料とは別で追加ボーナスがもらえるのでこれを使えばかなり稼げます。

Uber Eats配達パートナーの魅力

Uber Eats配達パートナーはレストランなどの飲食店から料理を受け取ってお客様のところまで配達するサービスだということは分かりました。

ここではUber Eatsで稼ぐことのメリット・魅力について解説します。

時間・場所に縛られない稼ぎ方

「1週間に何件以上配達しなさい」といったノルマもなく、自分が働きたい分だけ働くという働き方が出来ます。

また、Uber Eatsはシフト制ではないため、好きな日好きな時間に働くことが出来ます。

リランくん

週1で働いても毎日働いても良いので、自分のペースで働けるね!

バイトとは違って時間・場所に縛られない上、バイトと同じかそれ以上稼げる副業としてUber Eatsが人気になっています。

「自転車で働くから良い運動になる!」、「街の景観を楽しみながらバイトできて楽しい」と評判も良いですよ!

服装・髪型が自由

服装・髪型が自由

ラフな格好で配達しても全く問題ないです。

あまり不潔な格好をしていると評価が下げられてしまうので気を付けなければなりませんが。

飲食店のアルバイトだと、髪の長さを決められたり、染髪禁止だったり、髭は全部そらなきゃいけなかったり、いろんな規定がありますよね。

Uber Eatsならそんな制限はないです。

また、制服がないので、洗濯物が増えないのも、1人暮らしだと地味にメリットですね。

報酬の支払いが週払い

バイトとかってだいたい月払いで、月の中頃~末頃まで収入が入ってこなくて困りますよね。

なんとUber Eatsの配達パートナーは振り込みが週払いで、1週間の報酬を翌週水曜日にもらうことができます。

「今週はお金がないからたくさん働いて週末もらう」、「今月はお金に余裕があるから週1でいいや」と自分のお財布事情に合わせて働く量を調節できます。

特に僕のような常時金欠みたいな大学生にはかなり助かります…w

口座の手続きは手続きがなく簡単で、事前に口座情報を入力しておくことで自動で振り込んでくれます。

リランくん

週1で絶対働かなければいけない、などのルールがないのも魅力だね!

好きな時間に稼ごう!

Uber Eatsの配達パートナーの収入は?

Uber Eatsで働いて得る報酬は、時給ではなく単価制になっています。

Uber Eatsの配達用アプリをオンラインにしていると、注文があった際に通知が来ます。

なので、それに応対する形で仕事を引き受けます。

1件ごとの仕事の報酬は、商品を受け取った店舗から受け渡しをする相手の家までの距離・天候・地域ごとの注文量の多さなど、様々な条件を考慮して決められています。

具体的な計算方法は不明ですが、実際配達していて値段設定に不満を感じたことはないです。

頑張れば頑張った分だけ報酬が発生する仕組みになっているので、常に時給が一定のアルバイトよりも合理的です。

時給は1000円~2000円が目安

Uber Eats配達パートナーは1件配達するごとに平均で400~800円ほど報酬を得られます。

1件の配達が15~20分ほどで終わるため、時給は平均1000円~2000円となっています。

1日10時間ほど働けば1万円ほど、多い時だと2万円稼ぐことも可能です。

実際にtwitterで見たところ、稼働時間20時間ほどで3万円以上稼いでいる配達パートナーの方もいるようでかなり稼げる副業ですね。

曜日によって稼ぎが変わるため、ガッツリ稼ぎたい人は金土日あたりを狙うと稼げますよ!

クエストで楽しく稼げる

Uber Eatsにはクエストというものがあり、このクエストを達成することで追加ボーナス(インセンティブ)をもらうことができます。

クエストの例

  • 3回配達すれば650円追加収入
  • 期間内に60回配達すると5,000円追加収入

ゲーム感覚で楽しくこなすことが出来ますし、達成すれば追加ボーナスがもらえるからやる気が出ますよね。

「普段の配達料金+クエストの追加ボーナス」を合わせればかなり稼ぐことができます。

実際に休日ボーナスを利用して1日20,000円ほど稼ぐ配達パートナーもいますよ!

リランくん

目標が出来てやる気になる!

ちなみにこのクエストは突然発生するので、アプリでクエストが発生しているか確認するようにしましょう。

注意点

3回配達で650円、60回配達で5000円の場合は合計5650円もらえるわけではなく、5000円もらえるということになります。

「3回配達で650円」はあくまで通過ポイントということを理解しておきましょう。

Uber Eats配達パートナーの登録資格

Uber Eatsの配達パートナーの登録資格は18歳以上であることのみです。

登録する際に履歴書や面接等は必要ありません。18歳以上であれば誰でも始めることが出来ますよ!

補足ですが、Uber Eatsを始める際には自転車か125cc以下の原付バイクを用意しておきましょう。

Uber Eatsの配達パートナーを始めるまでの流れ

最後にUber Eatsに登録するまでの流れを解説します。

これを読んでおけばUber Eatsを始めることができるので、Uber Eatsを始めようと思っている方読んでおきましょう。

Uber Eatsのサイトから申し込む

まずはUber Eatsのサイトからメールアドレス、名前と電話番号、近くの都市を入力します。

もし友達などがUber Eatsをやっている場合には招待コードを教えてもらうようにしましょう。

招待コードを入力すれば招待した友達と自分のどちらも追加収入を得ることが出来ます。

 

配達する乗り物を選ぶ


次は配達する乗り物を選びましょう。

選択肢の中に車もありますが、基本的には自転車・125cc以下のバイクがオススメです。

バイクだと坂道などが楽ですし、逆に自転車だと良い運動になるので一石二鳥です。

自動車だと駐車するところがなくて困りますし、もし路上に留めておいて無断駐車取られたら罰金取られてしまうためちょっと面倒ですよね…。

プロフィール写真・身分証明書・銀行口座を登録する

自分のプロフィール写真・身分証明書・銀行口座をアップロードしましょう。

このステップを済ませておけば配達パートナーの登録を円滑に進めることが出来ます。

登録会場に行く

近くの登録会場で配達バッグを受け取り、登録を済ませましょう。

このステップが終わればその日からUber Eatsの配達パートナーを始めることができます。

身分証明書・銀行口座は事前に登録してありますが、不備があった時のために一応持っていくようにしましょう。

登録してすぐに始めたい方は自転車・バイクで会場に行くようにしましょう。

すぐ始める場合はスマホホルダー、モバイルバッテリーを持っていくと良いですよ!

登録会場の持ち物リスト

  • 銀行口座
  • 身分証明書
  • スマホ
  • モバイルバッテリー(その日に配達する場合)
  • スマホホルダー(その日に配達する場合)

配達までの一連の流れ

Uber Eatsでの仕事は、待機→受注→店舗に移動→商品受け取り→お客様の所へ移動→商品受け渡しという流れになります。

まずはUber Driverのアプリをオンにして待機。

地図上に、インセンティブ地域や自分の現在位置が示されています。

きちんと時間と場所を選んでいれば、仕事の通知が来るので応答しましょう。

注意

ここで時間がかかると次の人に仕事が回ってしまうので、出来るだけ早く対応しましょう。

商品を受け取るお店の場所がピンで表示されるので向かいます。

裏口やお客さんから見えにくい入口が指示されている場合が多いので、きちんと確認しましょう。

到着したら、アプリの「お店に到着しました」ボタンを押して、注文の具体的な内容を確認します。

それぞれの仕事はアルファベットと数字からなる注文番号で管理されています。

なので、店舗の方に「Uber Eatsです」と言い、アプリに表示された注文番号を伝えます。

まだ商品を作り終えていない場合があるので、その場合は店の外で時間を潰しましょう。

商品を受け取ったら、内容物の確認。

商品数だけでなく、飲み物が移動中にこぼれない梱包になっているか、崩れやすい商品の包み方は大丈夫かなどもしっかり確認しましょう。

Uber Eatsでは、配達員が個人事業主となって仕事をするため、ここのチェックが甘いせいで問題が起きても自分の責任になります。

大丈夫なら、アプリで「配達開始」のステータスにしましょう。

あとは、アプリに表示された住所目指して運転するだけ。

くれぐれも転倒や事故には気をつけて。

到着したら、お客さんにも「Uber Eatsです」と伝え、商品を慎重に渡しましょう。

現金払いかどうか確認し、確実に業務を遂行しましょう。

どれもそんなに難しいことではないですよ!

はやじん

補足:初めての配達までに準備してほしいこと

さて、これでUber Eatsの配達パートナーになるまでの流れが分かったと思います。

最後にUber Eatsの配達パートナーをやる際に準備してほしいことを紹介しておきます。

Uber Driverのアプリをダウンロードしておく

Uber Eatsで配達する際にはUber Driverというアプリを使って配達します。

事前にダウンロードしておけば登録会場に行ったその日から配達を始めることが出来ます。

「配達パートナーになったらすぐに配達を始めたいぜ!」という方はあらかじめダウンロードしておきましょう。

Uber Driver - ドライバー用

Uber Driver – ドライバー用

無料posted withアプリーチ

配達する際にあると便利なアイテム

配達する際にあると良いアイテム、便利なアイテムを紹介していきます。

スマホホルダー

Uber Eatsの配達パートナーをやる際には自転車・バイクに固定するスマホホルダーを用意しましょう。

レストランまで料理を受け取りに行く際やお客様の家まで届ける際にマップアプリを使っていきます。

いつでもマップが見られるようにスマホホルダーを買っておきましょう。

スマホホルダーは必須アイテムです

はやじん

モバイルバッテリー

配達中は常にスマホをつけておかないといけないため、長時間稼働しているとスマホの充電が切れてしまう可能性があります。

Uber Eatsの配達パートナーにとってスマホは生命線なので、モバイルバッテリーを用意してスマホの充電が切れないように心がけましょう。

特にiPhone7より前の機種だと充電が持たない可能性が高いです!

はやじん

雨対策グッズ

Uber Eatsの配達パートナーは雨の日の方が報酬が高いので、雨の日は稼ぎ時と言えます。

そのため、ガッツリ稼ぎたい人は雨対策ができるカッパなどを買っておきましょう。

雨対策グッズはUber Eatsをやる際に必須ではありませんが、雨が急に降った時や雨の日の配達には便利です!

まとめ:Uber Eatsの配達パートナーは稼げる

Uber Eats好きな時間に自分の働きたい分だけ働けるので、自分のペースで稼ぐことができる副業になっています。

また、バイトとは違ってシフトがないので、時間・場所に縛られずに働けて大学生や会社員の方でも始めやすいですね。

特に大学生だったら土日だけUber Eatsの配達パートナーをやれば、平日にバイトせずに遊びに行くこともできちゃいます。

収入面では配達するともらえる配送料のほかにも、条件を達成すると追加ボーナスがもらえるクエストもあり、月10万円も可能です。

副業としてはUber Eatsの配達パートナーはかなりオススメで、平日忙しい人でも副収入を得ることが出来るのでぜひやってみましょう!

好きな時間に稼ごう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。