LINEオープンチャット始めました

Uber Eatsで効率よく稼ぐ方法を解説する【現役配達員が教える】

この記事はこんな人におすすめ

  • Uber Eatsを始めたけど思ったように稼げない
  • 今からUber Eatsを始めるけど本当に稼げるの?
  • Uber Eatsで稼ぐためのコツを知りたい!

皆さん、Uber Eats頑張ってますか?!

シフトの時間に縛られず、嫌な上司や先輩の顔も見ず、自転車やバイクで風を切って颯爽と副収入…。

Uber Eatsって画期的で夢のある働き方ですよね!

でも思っていたほど稼げないから、気づけばでっかいバッグが部屋の隅に転がってる…なんて人も多いと思います。

実際に僕もUber Eatsを諦めていた時期がありました…。

はやじん

僕の周りでも「始めてはみたものの続かない」「思ったより稼げない」と挫折してしまう人が結構います。

やめてしまってもデメリットが一切ない

また好きな時に再開できる

というのも、Uber Eatsの魅力です。

しかし、せっかくだったら空前のUber Eatsブームに乗ってお小遣いを稼ぎたいですよね。

今回は実際にUber Eats経験のある僕がUber Eatsで効率よく稼ぐための方法を紹介していきます。

そもそもUber Eatsって本当に稼げるの?

結論:稼げます。

時給で1500円~2000円、月収にプラス1万円どころか、1日で1万円以上も稼ぐのも夢じゃありません。

ただ稼ぐためのコツを押さえて働いている人がいないため、「Uber Eatsは稼げない…」と感じてしまう人が多いのも現状です。

だから「とりあえず登録して働けば稼げるはず!」って人は収入ゲットに結びつかない場合があるんですよね。

Uber Eatsはちょっとした知識や工夫の差で、大きく収入をアップさせることができます。

「イノベーションの余地が残っている」とも言えます。

はやじん

ではUber Eatsで効率よく稼ぐ方法を紹介していきます。

Uber Eatsで効率よく稼ぐ方法

Uber Eatsのシステムをよく理解してから働けば、Uber Eatsで効率よく稼ぐことが可能です。

具体的には以下の通りです。

Uber Eatsで効率よく稼ぐ方法

  • 稼げるエリアを選ぶ
  • ブーストを活用する
  • クエストを積極的にクリアする
  • 現金配達をONにする

この4つを意識して働くだけで時給・月給を各段に上げることが可能になります。

それではこの4つについて詳しく解説していきます。

稼げるエリアを選ぶ

そもそもUber Eatsは一定の需要が見込める地域でしか行われていないサービスですが、その中でも注文の多い地域とそうでない地域があります。

ワークスタイルにもよりますが、自宅付近で配達してみて「効率が悪い」「時給が低い」と感じた方は、繁華街などに活動拠点を移してみましょう。

Uber Eatsは待機時間もあるため、お気に入りの喫茶店を活動拠点にして働くというのもアリですね。

待ってる時間にコーヒーを飲んだり勉強したりできるのでオススメ!

はやじん

ブーストを活用しよう!

別名倍率インセンティブとも呼ばれている、ブーストについてです。

Uber Eatsをしていると地図上に見える、「1.〇×」という数字ですね。

このエリア内にお店がある場合、ブーストとして報酬にこの数字分がかけ算されます。

注意点

届け先のエリアや、待機場所に数字が書いてあっても関係ないので注意が必要です。

配達地域や回数などによってブーストがつくタイミングはまちまちなので、一概に「こうすればいい!」というのはないのです。

リランくん

ブーストがつくシステムは完全には明らかにされていないんだね!

しかし、報酬全体にかけ算の形でかかってくるので、あるのとないのでは大きく差がつくことには間違いありません。

ブーストを行う企業側の目的としては

①配達の少ない地域の配達員のモチベーションを保つ

②注文が多い時間帯の配達員数を確保する

の2つが考えられます。

仮に配達が少ない地域だとしても、たまにある注文が1.9倍とか、2.1倍だったら嬉しいですよね。

ただし、注文件数が少ない地域では注文の取り合いになるので、僕個人としては町の中心部に繰り出す方を断然お勧めします!

ブーストがある時間・エリアは積極的に配達しましょう!

はやじん

クエストを積極的にクリアする

ブーストもそうですが、このクエスト制度のようにゲーム感覚で配達ができるというのがUber Eatsの大きな魅力です。

もうご存じかもしれませんが、クエストとは一定の期間内に示された回数の配達をこなせば追加でお金がもらえちゃうシステムです。

5000円や1万円などの大きな金額のクエストをモチベーションにして「ここまで頑張ろう!」と思えますよね。

そして稼ぐために重要なのが雨の日などに少額で出されるのが臨時クエストです。

こちらは「4回配達で500円」など、その日のうちに完了できるものが多いですね。

この臨時クエストをひと区切りにして配達をしてみると、楽しく続けられると思います!

現金配達をONにする

現金払いに対応しているエリアで配達を行っている方は、現金配達をONにしてみましょう!

オンライン状態で「現金払いを受け付ける」をONにすることで、簡単に注文数を伸ばすことができます。

お客様から受け取った額はそのまま自分の収入になるため、その日に給料を受け取れるというメリットもありますね。

料理の代金分は翌週の報酬・クレジットカードから引き落とされます。

はやじん

現金配達の注意点

  • 小銭をある程度用意すること

お客様に渡すお釣りは個人で用意するため、小銭をコインケースなどに入れて用意しておくと良いでしょう。
お金の受け渡しも素早くできると好評価に繋がります!

  • 引き落としに注意すること

配達料と商品代金を合わせた金額が手元に入り、後にUber Eatsから商品代金だけ引き落とされるシステムなので、お金の管理はしっかりしましょう!

Uber Eatsで稼ぐ際の注意点

Uber Eatsで稼ぐためにはいくつかの注意点も覚えておく必要があります。

稼げないエリアで待機しない
働く時間を考える

これら2つに注意して働けば「時給が安すぎる…」という悲劇は回避することができますよ!

稼げないエリアで待機しない

繰り返しのようになりますが、配達をする時は注文の多い地域を狙って動くことがとても大事です。

Uber Eatsは配達の回数で収入が決まるので、自由である反面シビアとも言えます。

飲食店と違って待機時間には給料は発生しないので、稼げないと思ったら場所をどんどん移し改善していく心構えが必要です。

それらも含めてゲーム感覚で楽しめば、Uber Eatsで楽しく高収入を狙うことができます!

働く時間を考える

働く時間を考えるのは稼ぐための基本なので、知らない人はぜひ覚えましょう!

地方都市でUber Eatsをする際には、時間帯ごとのニーズを見極めて動くことが重要になってきます。

・一人暮らしなら、いつ頃に何を食べるだろう……。

・このあたりに住んでいる家族は、いつ食事をするだろうか……。

こうした条件を考えて動くことで、Uber Eatsで効率よく稼ぐことができて時間当たりの収入を大幅にアップさせることができます!

まとめ:Uber Eatsはかなり稼げる!

システムをしっかり理解した上で、時間と場所を考えて働けばUber Eatsで日給1万、月収10万以上を稼ぐことも可能です。

「ちょっとしたスキマ時間に働ける」というのがメリットのUber Eatsですが、コツを知らないとバイトの時給を下回ってしまうことさえあります。

逆に、Uber Eatsは仕組みと稼ぎ方を理解して働けば、時間に縛られずたくさん稼ぐことができる魅力的な副業です。

今回紹介した効率よく稼ぐ方法を意識して、Uber Eatsでガッツリ稼いじゃいましょう!

Uber Eats 配達バイトUber Eatsと配達バイトどっちがおすすめ?収入や仕事内容の違いは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。