LINEオープンチャット始めました

未経験からwebライターになる方法【現役webライターが教える】

webライター なる方法

こんな疑問に答えます

  • 未経験だけどwebライターになれるのか…?
  • どこでライターを募集してるの?
  • ライターになるまでの道のりを教えて!

こんにちは、webライター兼ブロガーのはやじんです。

副業の中でもかなり稼げる上、プログラミング等の特別なスキルが必要ない仕事「webライター」

実際webライターはかなり敷居が低く、ライター経験ゼロでも始めることのできるので副業初心者におすすめです。

でも「未経験からwebライターになる方法が分かんない…」という方も多いですよね。

過去の僕も「ただのバイト戦士なのにwebライターになれるかな…」と不安に思っていました。

実際はネットで色々調べながらライター募集に応募してみたところ、簡単にwebライターになることが出来ました。

webライター需要はかなり高いですよ!

はやじん

今回は現役webライターのはやじんが、未経験からwebライターになる方法を解説させていただきます。

未経験からwebライターになる方法

webライターになる方法は「クラウドソーシングで応募する」だけです。

webライターはネットの世界ではかなり需要が高く、求人がたくさんあります。

「応募→受注」の2ステップで未経験でもライターになることが出来ますよ!

それではwebライターになるまでの方法・道のりを詳しく解説していきます。

クラウドソーシングで応募する

webライターになるための準備は必要ありません。

「この資格がないとなれない」「実務経験がないと応募してはいけない」等はありませんし、文章構成力・ライティング能力はwebライターをやっていれば勝手に身に付きます。

webライターの第一歩は準備ではなく、クラウドソーシングを使ってwebライターの案件に応募することから始めるべきです。

ちなみに僕はBizseekランサーズで応募しました。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとはネット関係の人材を募集している求人サイトです。
タウンワークのようなアルバイトを募集している求人サイトの在宅版・IT人材版といった感じです。

それでは実際にクラウドソーシングで募集している初心者OKのライター案件を見てみましょう。

webライター 求人

この文字単価とは1文字あたりの金額。

つまり「文字単価×書いた文字数」が収入ということになります。

この案件では文字単価0.7円で1記事あたり6000文字なので、1記事書くだけで約4,200円ほど稼げます。

6000文字なら1~2日で書き上げることができるので、月に12記事書いたら約50,000円も稼ぐことができます。

おすすめのクラウドソーシング

【クラウドソーシング】受注率アップ!提案文の書き方を教えます

初めて応募する時に気を付けること

webライター案件に初めて応募する時は案件を1つだけ応募するのではなく、複数の案件を応募するようにしましょう。

「複数の案件に応募する→採用されたらそこで働く」と言う感じです。

なぜなら会社から返信が返ってこなかったり、採用されない場合があるからです。

会社から返信が返ってこないことはよくあるので、「私が未経験だからダメなんだ…」と落ち込む必要はありません。

もし応募した案件に落ちてしまっても気にせず次の案件を応募すればOKです。

僕は初めてライター案件に応募した時、不採用が3連続でした。

はやじん

また、「文字単価は高ければ高いほどいいじゃん!なら2円で働きたいなぁ…」と思う方も多いと思います。

未経験の方が文字単価1.5円~2円の案件を応募しても高確率で落ちてしまいます。

それもそのはず。未経験の初心者とライター歴3年のwebライターが同時に依頼してきたら、誰でも間違いなくライター歴3年のwebライターを選びますよね。

しかも文字単価1.5円のwebライティングはだいたい経験者しか採用しないです。

そのため、未経験からライターになる場合には文字単価0.5円~1.0円で、webライター初心者も募集している案件に応募しましょう。

未経験から稼げるwebライターになるには「文字単価0.5円~1.0円で実績を積んで、徐々に文字単価を上げていく」という流れがおすすめです。

文字単価1.5円~2円ほどのwebライターになれば月10万稼ぐことも可能なので、webライターはかなり稼げる副業ですよ!

仕事先は2個以上持つべし

webライターとして仕事ができるようになって、ライティングに慣れてきたら仕事先を2個以上持つようにしましょう。

「今のライティングで月に12本も書いているのにまだ仕事するの?無理だよ!」と思う方もいるかもしれませんが、これはちょっと違います。

正しくは仕事先1つあたりの記事数を下げてリスク分散させるというイメージです。

例:1つの仕事先で月12記事→仕事先を2つ持って、どちらも月6記事ずつ

例えば1つの仕事先で10万円稼いでるとしましょう。この取引先での契約が突然切られた場合、月の収益は10万から0円に転落してしまいますよね。

でも2つ取引先を持っていてどちらも月5万ずつ稼いでいた場合、1つの取引先で契約を切られてしまっても月10万から月5万になりますが収益は0円になることはありません。

「メディアが事業撤退する」「来月から記事を依頼できる見込みがない」等の理由で、webライターの仕事が突然なくなってしまうことは意外とよくある話です。

このように仕事先を増やしておけばwebライターの案件が切られた時のリスクは軽減します。

実際僕も文字単価1.5円の案件が突然なくなった経験があります…。仕事先を増やしておいてよかった!

はやじん

ブログをやっているとなお良い

webライターになる際にブログをやっていると実績になって受注率が上がります。

「webライターになるには必須!」というわけではありませんが、ブログは「実績作り+情報の資産を作れる」という面でかなり強いです。

また、ブログがうまくいけばネット副業だけで生活していくことも可能ですよ!

ブログをやっていると以下の実績が証明されます。

・ライティング能力がある
・SEO対策(検索順位を上げること)の知識がある
・WordPressで執筆・納品できる

特に「SEO対策・WordPressが分かる」という未経験ライターは、実質ライター経験者のような扱いになるのでかなり強いです。

僕も未経験の時にブログを実績にしてWebライターを応募したら、始めから文字単価1.5円のWebライターになることが出来ました。

はやじん

WordPress

「WordPressって何?」という方向けに説明すると、Wordpressとはサイト管理・記事作成が簡単にできるソフトのことです。

現在ネット上に存在するページの1/3がWordPressで、ライター案件でも「WordPressが使える方募集」と書かれていることがあります。

そういった案件で「Wordpressが使えます!」と言えば優遇されるので、WordPressでブログを使えると良いでしょう。

SEO対策

また、SEO対策(検索順位を上げるための対策)の知識があるとライターとしてはかなり強いです。

なぜならWebライターを雇う側は、「検索順位1~3位を狙える記事が書ける優秀ライターが欲しい」と思っているからです。

Webメディア・ブログの世界では検索順位が命なので、SEO対策の知識があるだけでも受注率も文字単価もかなり上がります。

SEO対策の本を1冊読んでおくだけでかなり知識が付くので、Webライターとしてガッツリ稼ぎたい・文字単価を高い案件を受注したい場合はぜひ読んでおきましょう。

ちなみにおすすめは「10年使えるSEOの基本」です。初心者にもわかりやすく解説してある上、これ一冊でSEOの基本をマスターできますよ!

未経験OK!webライター案件のある求人サイト

最後に未経験でも使えるWebライター案件のある求人サイトを募集しておきます。

どの求人サイトもそれぞれ扱っている案件が違うので、全部登録しておいて定期的に案件をチェックすると良いですね!

Bizseek
手数料が業界最安値だからお得に稼げる。未経験可のライティング案件がたくさんあるので、未経験Webライターにおすすめ!

ランサーズ
国内最大級のフリーランス向け求人サイト。文字単価0.2~2円以上と幅広い案件がある。高単価のライターになるなら絶対登録すべき!

まとめ:未経験でもwebライターになれる

Webライターは稼げるネット副業で、未経験OKなので誰でも始められることができます。

スキマ時間に仕事ができるので、普段忙しい方や大学生でも稼げるのが特徴ですね。

始めは月1~3万くらいだと思いますが、3か月~半年ほど続ければ月10万ほど稼げるライターになることも可能です。

webライターになるためには「とりあえず応募する」が一番なので、webライターになろうか迷っている方はまず応募してみることから始めましょう!

副業で最短で稼ぐ3STEP【まずは〇〇することが大事】

webライターになるまでの道のり

  • クラウドソーシングに応募
  • SEO対策・WordPressを勉強
  • 文字単価を上げて収益をアップさせる
データ入力は初心者におすすめの副業!仕事内容や収入をまとめてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。