LINEオープンチャット始めました

クラウドソーシングのアンケート案件がおすすめ出来ない理由

クラウドソーシングのアンケート案件は受注しやすく、初めての案件にはもってこいです。

クラウドソーシングで月収20万稼いでいる僕からすると、アンケート案件はあまりおすすめできません。

先に言ってしまうとおすすめできない理由は2つあります。

・単価が安く、手間がかかる割に稼げない
・アンケート案件をやるならポイントサイトの方がおすすめ

僕がおすすめ出来ない理由と、クラウドソーシングのおすすめの仕事を詳しく紹介していきます。

アンケート案件をおすすめ出来ない理由

アンケート案件がおすすめできない理由を詳しく説明していきます。

理由①:単価が安く、手間の割に稼げない

クラウドソーシングサービスにはスマホからも簡単にアクセスできます。

なので、スキマ時間にお小遣い稼ぎ!という考えも、悪くはないです。

ただ1件5~100円といった依頼。

選択肢式だけでなく、100~1000文字で感想を入力する場合も結構あります。

入力速度や内容によっては結構時間がかかります。

仮に1件20円の依頼に10分かかった場合…時給120円

最低賃金の1/6以下というすさまじい数字になってしまいます。

(ちなみに令和元年10月初頭の改正後、全国の最低賃金の最低値は790円です。)

アンケート案件だけで稼ぐという稼ぎ方では、ランチを大盛りに変更する数百円にも1時間以上かかってしまいます…。

はやじん

理由②:アンケート案件がやるならポイントサイトの方がおすすめ

クラウドソーシングはプログラミングやwebライターで稼ぐにはもってこいのサイトですが、逆にアンケート案件のみをこなすならポイントサイトの方がおすすめです。

例えばモッピーでは、ゲーム感覚でアンケートが受けられ、暇つぶしにもってこいです。

またアンケート案件以外にもポイントを稼ぐ方法があり、

・クレジットカードを発行
・無料会員登録をする
・楽天・Amazonで買い物をする

などの案件をこなすと月1~3万円稼ぐことが可能です。

アンケート案件でコツコツ稼ぐのが好きという方にはポイントサイトで稼ぎましょう!

はやじん

【厳選】おすすめのポイントサイトはこの4つだけ。【ポイ活で稼ごう】

クラウドソーシングでおすすめの仕事

バイト以外 稼ぎ方

アンケート案件はおすすめできないなら何がおすすめなの?」となるのは当然ですね。

そこでこれからクラウドソーシングでおすすめの仕事を紹介していきます。

データ入力

データ入力は、副業初心者やこれまでアンケート案件に取り組んできた人にも断然おすすめです。

難易度はアンケートと変わりませんが、アンケートより単価が高いのがおすすめする理由。

アンケート案件では、大量の人から情報を集め、統計化することで価値のあるデータ(ビックデータ)になります

つまり、多くの人に取り組んでもらわなければならないため、一人当たりの単価は安くなってしまいます

一方でデータ入力は、データ入力に必要な人数しか募集されません。

納期が差し迫っている場合もあり、「すぐに取り組んでもらえるなら単価が高くてもやってほしい!」という場合もあります。

こうした条件から、難易度は変わらないのにアンケート案件より単価が高くなりやすいんですね。

会社でワードやエクセルの事務をやっていた方には特におすすめです。

豆知識

経理の実務に携わっていた人などは、企業での仕訳作業経験がアピールでき、採用されやすくなります。

しかもたいていのデータ入力は仕訳作業より簡単です!

また、データ入力をしているうちに入力作業の楽しさがわかってきた学生さんは、簿記や会計学などを並行して勉強すると就活の時に事務職として採用される確率がアップしますよ!

企業は、お仕事の内容がわかった上で志望する学生が欲しいもの。

「データ入力の条件を増やし、難しくしたのが経理の仕事」と考えた時、このお仕事は将来にも繋がりやすいと言えます。

ただし、いずれの場合にしてもむやみやたらに応募しまくるのは厳禁です。

データ入力の案件の中には時給800円もいかないような単価の低い案件もあります。

案件を選ぶ時はちゃんと募集要項を読んで応募するようにしましょう!

はやじん

データ入力は初心者におすすめの副業!仕事内容や収入をまとめてみた

Webライター

続いて紹介するおすすめの仕事は、webライターです!

webライターも敷居が低く、かなり稼げるお仕事だと言えます。

案件は初心者向けの案件~経験者向けの案件まで様々です。

なお、webライターの案件はほとんど文字単価で計算されます。

文字単価とは?

文字単価とは1文字あたりの金額です。

つまり、文字単価1円で5000文字書いたら5000円が報酬になります。

webライターは時給換算すれば、アルバイトよりもかなり稼げると言えます!

僕は文字単価1.5円でwebライターをしていましたが、時給は2500~3000円ほどでした。

はやじん

ただしwebライターも注意点があって、いきなり文字単価の高い案件に応募しても、採用される確率は少ないです。

募集する側からするとwebライターとして欲しい人材は、何百人ものライターではなく本当にそれだけのお金を払う価値のあるライターです。

執筆経験のないライターさんより、

・これまで毎週3記事書いてきて、経験年数は5年です

・累計で300記事執筆しました、SEOライティングの技術があります

といった人の方が欲しいですよね。

初めは初心者向けの案件を引き受けて、ライターとしての実績を積んでから徐々に文字単価を上げていくと良いですよ!

出品代行

おすすめの仕事、最後は出品代行です。

BUYMAなどの通販サイトや、フリマアプリで商品を出品する仕事内容となっています。

あまり聞いたことがない仕事なので不安に思うかもしれませんが、いたってまともなお仕事です。

ネット通販に物を売るのって、意外と手間や時間がかかります。

どれを売るか、どうやって仕入れるか以外にも、商品の説明文を書いたり、商品の画像を撮影・加工したり。

そこで代わりに出品を引き受けるのが出品代行です。

だいたいの仕事がタイトルや説明文を書いたり、紹介の画像をちょっと加工するだけなので簡単。

これも誰でも始めやすいため、副業初心者でも始めやすいお仕事といえるでしょう。

慣れてきたら、在庫管理や、顧客とのやり取り・発送など、どんどん仕事の範囲を広げていってもよいでしょう。

もちろん複雑な仕事ができるようになれば、それだけ報酬もアップします!

アンケート案件をやるなら他の仕事も受注しよう

「じゃあアンケート案件を受けるのはダメなの?」と思う方もいるかもしれません。

アンケート案件をやるのは全然OKです。

ただ、アンケート案件以外の仕事と並行して取り組むのがおすすめです。

・取引先の相手との連絡の返事待ちの間にやってみる。

・一仕事終えた後、気分転換に取り組み、また別の仕事をする。

このように息抜き代わりに、スキマ時間に使うのであれば全然良いと思います。

また、アンケート案件が良いリフレッシュになり、別の仕事も捗るという人もいます。

クラウドソーシングサービスでは、「アンケート案件+データ入力」「アンケート案件+webライター」という風に、組み合わせて働くのがおすすめです。

おすすめのクラウドソーシングサービス

クラウドソーシングでの働き方もわかったところで、最後に、おすすめのクラウドソーシングサービスについて紹介して終わろうと思います。

①クラウドワークス

一言でいうなら

日本最大級のクラウドソーシング

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングで、様々な種類のお仕事が豊富に取り揃えてあります。

またプロクラウドワーカー制度もあり、これから副業で成長していきたい人にもおすすめ。

プロクラウドワーカーになると応募しなくてもオファーがきたりします。

はやじん

日本最大級ということもあり、案件の種類が豊富です!

②Bizseek

一言でいうなら

業界手数料最安値!初心者にもおすすめ。

Bizseekは初心者向けの案件も多く、競争率が低いので仕事を受注しやすいです。

アンケート案件~webライターまで様々な案件を取り扱っており、またBizseek特有のお仕事「買い物代行」もあります。

まだ発展途上のサービスですが、今後ますます大きくなるクラウドソーシングと言えます。

BizseekBizseekって副業初心者でも稼げるの?評判・手数料をまとめてみた

③ココナラ

一言でいうなら

得意を売ろう!スキルのフリーマーケット

ココナラは「スキルのフリーマーケット」というコンセプトのクラウドソーシングサービス。

普通のクラウドソーシングは『クライアントが人材を募集→応募』という流れですが、ココナラは『自分が得意なことをサービスとして出品→欲しい人がサービスを購入』となっているのが特徴的ですね。

「占い」「悩み相談」などもスキルとして売ることができます。

自分の得意なことを売り込めるため、クラウドソーシングの中でも特におすすめです!

ココナラ 稼ぎ方【初心者必見】ココナラの稼ぎ方をこっそり教える【売り上げ100万達成達成しました】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。