半農半Xの収入ってどれくらい必要?半農半Xが今注目されてる理由とは?

最近話題となっている「半農半X」というライフスタイルをご存じですか?

働き方改革や新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増えてきた今、「半農半X」という生き方を選ぶ人が増えてきています。

アラン

半農半Xの収入ってどれくらい必要なのかな?

そこで今回は、「半農半X」というライフスタイルについて詳しくみていきましょう。

目次

半農半Xとは?

半農半Xとは、兼業農家として自給自足の生活を行いながら、自分がやりがいを感じることのできる仕事を行うというライフスタイルを指します。読み方は「はんのうはんえっくす」です。

この言葉自体は1994年頃に生成されていたのですが、新型コロナウイルスによって人々の生活が大きく一変した今、再度注目を集めています。

引用/「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった」(1)/原作クマガエ/著宮澤ひしを/講談社

半農半Xと兼業農家の違い

半農半Xと兼業農家の大きな違いとしては、そのライフスタイルと収入に対する考え方です。


兼業農家とは、農家として仕事をしながら他の仕事を行うことによって、収穫時期ではないタイミングでも収入を獲得することができ、より収入を伸ばすことができる方法です。

それに対して半農半Xは、自分の生活に必要な最低限の食べ物や収入を農業で得て、それ以外の時間を自分の好きな仕事に費やすという考え方です。

半農半Xは収入にこだわらず、自分の生活を維持しながら自分らしい生き方を目指すという方法なので、生活の心配をすることなく自分の好きなことに思う存分打ち込むことができるでしょう。

半農半Xの魅力

半農半Xというライフスタイルを選べば、どのようなメリットがあるのでしょうか?

生活にかかる費用を最小限にすることができる

半農半Xとは、農業で自分の生活に必要な収入を得るという方法です。

都会に住めば高い家賃や生活費がかかりますが、田舎に住めば費用を抑えて広い家に住むことができます。

その上、過疎化が進んでいる地域では移住に対する補助金も出るので、よりお得に引っ越しを行うことができるでしょう。

また、自給自足の生活を行えば、生活にかかる費用も大幅に抑えることが可能となります。

そのため、生活の費用を抑えて自分が使いたいものにお金をかけることができます。

時間を自由に使うことができる

都会で仕事をしていると長時間仕事に時間を費やしたり、通勤にかかる時間がかかったりとなかなか時間がない生活を送っているという方は多いでしょう。

しかし、半農半Xの生活を行っていれば、生活のために毎日長時間働く必要がなくなるので、自分の好きなことに多くの時間を費やせるようになります。

そのため、これまでやりたいと思っていたけどできなかったことを実現することができるのです。

自分で娯楽を作る能力がつく

都会と違い、田舎には娯楽があまりありません。

都会に行けば面白いことをやっている場所にいけばいつでも楽しむことができますが、田舎ではあるものを活用して自分で娯楽を作り出す必要があります。

最初はどのように過ごしたらいいか分からないという方もいると思いますが、慣れれば自分で自由に娯楽を作ることができるので、その魅力を最大限に感じることができるでしょう。

漫画!「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件」からみる収入

「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件」 /原作クマガエ/著宮澤ひしを/講談社

という漫画があります。

元漫画編集者の原作者が実は体験をベースに描いく
転生しない&がんばらない「都会脱出」 +「農ライフ」漫画!

編集部に勤めていた作者が会社を辞めて、

憧れていた田舎暮らしを始める。

この漫画を読んで、田舎暮らしの見方が変わりました。

都会で暮らす者の自然に対する感動に共感を覚えました。

田舎で暮らす=強者と私も思っていましたが、

ぼやっと思っていたことがハッキリとした感じです。

引用/「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった」(1)/原作クマガエ/著宮澤ひしを/講談社

「半農半X」…畑や家庭菜園など食料は自給でまかないつつ、残りの時間を自分のやりたいこと(X)に費やすライフスタイルのこと。「X」にはエンジニア、ライター、介護士などそれぞれの天職が入る。

「半農」の目的はあくまで”自分の食べ物を自分で作れるようになる”

ことなんですよ

引用/「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった」(1)/原作クマガエ/著宮澤ひしを/講談社

そして、、、「半X」!

”X”に当てはめる「仕事」はただの仕事じゃないんです

「自分の得意なことや好きなことを活かした仕事」です!

引用/「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった」(1)/原作クマガエ/著宮澤ひしを/講談社

要するに「半農」で

飢え死にすることはないんだから

YOUやりたいこと

やっちゃいなよ!

、、、ってことです!

引用/「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった」(1)/原作クマガエ/著宮澤ひしを/講談社

自分の食べる分は自分で作る。飢え死にすることはないから他は好きなことをしよう!

アラン

つまりは、収入に「これくらい」というのはないということじゃな。

まとめ

いかがでしたか?

半農半Xというライフスタイルは、現在多くの方に注目されています。

収入の面も半農で自分の食べる分が得られるので、これぐらい必要という縛りはないようです。

地方への移住に関しても、国や地域が推奨しているため、より手軽に実現することができるでしょう。

今都会で生活をしていて、

「何のために働いているのか分からない」

「収入が増えても時間がない」

「どれだけ稼いでも満足感を感じられない」

という方は、収入に囚われずに自分のやりたいことを実行できる半農半Xという生活が合っているかもしれません。

ぜひこの機会に自分の生き方を見直して「半農半X」について考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる